読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来シーズンから本気出す

無名雑魚のブログ

積みサイクル

クソ記事

今回は積みサイクルについて。


自分が思う積みサイクルとは"不利対面が生じてもサイクルを極力回すことなく、あらかじめその不利対面を想定して選出された後続で死に出しから起点にすることで、その行動に対する相手の回答の幅を絞り込み、止められないという状況を作ることで勝利を目指す"といったコンセプトを持った構築のことである。


結論を先に言っておくと今、積みサイクルと言われるような構築は弱い。レート上位の構築を見てもほとんど見当たらないのがいい証拠だろう。


そこでなぜ勝てないのか、またどうやってその問題を解決するか自分なりに考察してみた。


まず、積みサイクルと言っても展開要員をただひたすらに並べているだけでは成立しない。そこで展開補助要員を入れるわけだが、そのポケモンが役割を遂行した後、早々に捨てることになる。これが弱い。


化身ボルトロスファイアローガルーラに代表される全抜きストッパーが環境に蔓延る今、残数不利な状態から勝利を目指すのは難しいと考えた。


そこで今回自分が提案したいのは

カバルドン@ゴツメ 腕白HB
地震/ステロ/欠伸/怠ける

ニンフィア@残飯 控えめHBds
ハイボ/欠伸/身代わり/バトン

上記の2体のような展開補助要員を組み込んだ構築だ。通常、このような構築に入ってくるカバルドンはHDベースの場持ちを良くして最低限仕事ができるようにした型だが今回はなるべく捨てずにニンフィアと共に対面操作しながら裏のメガエースの全抜き体勢を整えるような動きを目標にした構成になっている。

もう積みサイクルではなくなってきているが全抜きを目指すという意味ではそうだし、捨てるという行為が弱いと言った以上仕方ない。


このように展開補助要員を2体用意したり、サイクルの中でステロを撒けるポケモン(ナットレイランドロスなど)を入れた構築が今熱い積みサイクルだと思う。


要するに何が言いたいかと言うと今の積みサイクルに求められているのは本当の意味でのサイクルを回すことだということ。
抜き性能に限界があるのにも関わらず勝機を抜きに依存するポケモンで戦っていく以上、以前のような展開が読みやすく、すぐに詰め筋を予想できるような積みサイクルはオワコンだということ。





今回は随分主観の入った記事になってしまいましたが、こんなふうに思う人もいるんだなくらいで読んでいただけたら幸いです。